ホーム > 研究開発 > メディカル材料 > ポリエチレングリコール系ポリマー

高分子量ポリマー

ポリエチレングリコール系ポリマー

1.種類と物性

品種 外観 平均分子量 融点(℃) ガラス転移温度(℃) 膨潤度
EL-40 粉末 10000 114 -12 0.8
EL-80 ワックス 6000 35 -2 溶解
EDL-50 ワックス 10000 30 -6 1.7

*)膨潤度;蒸留水(37℃)中での吸水重量比。

【略号】
E:ポリエチレングリコール
L:(L)ラクチド、DL:(DL)ラクチド、T:トリメチレンカーボネート
EL-80 ポリエチレングリコール・(L)ラクチド共重合体、
80:エチレンオキシド含量80mol%
EDL-50 ポリエチレングリコール・(DL)ラクチド共重合体、
50:エチレンオキシド含量50mol%

2.構造式

構造式

3.特徴・性状

  1. ポリエチレングリコール系ポリマーは親水性が付与された生分解性ポリマーである。
  2. ポリマー中のエチレンオキシド含量が増加するにしたがって親水性が増し、水に膨潤する。両親媒性ポリマーであり、エチレンオキシド含量70%以上では水溶性を示し、また界面活性剤としての作用も有する。
  3. ELシリーズは粉末状から常温で軟化、液状化するものまで性状が変化し、他の薬剤等との混合が容易である。また、親水性薬剤との親和性にも優れており、徐放性薬剤の担体として適している。
  4. 分解に伴って表面から溶解する。
  5. 分解性に優れたポリマーとして、ラクチドのラセミ体を使用したEDLシリーズがある。また、ポリエチレングリコール・トリメチレンカーボネート共重合体(ETシリーズ)は、ELシリーズと比較して接着性が少ない。エラストマータイプとして、ポリエチレングリコール・トリメチレンカーボネート・ラクチド共重合体(ETLシリーズ)がある。
  6. 使用目的に応じて、機械的物性および分解速度を制御できる。

4.用途

外科用補綴材料、外科用移植片
DDS用担体等の医療用材料
その他

5.分解性;37℃、リン酸緩衝生理食塩水での浸漬試験

グラフ:分解性;37℃、リン酸緩衝生理食塩水での浸漬試験

6.溶解性

クロロホルム、アセトン、塩化メチレンに可溶
メタノール、エーテルに不溶
組成により水に溶解する。

ページトップへ