ホーム > 研究開発 > メディカル材料 > 乳酸−グリコール酸ポリマー

低分子量ポリマー

乳酸−グリコール酸ポリマー

1.種類と物性

品種 外観 平均分子量 ガラス転移温度(℃)
LG-80 ペースト〜粉末 500〜5000 -10〜56
LG-50 ペースト〜粉末 500〜5000 -14〜40
LG-30 ペースト〜粉末 500〜5000 -10〜35
【略号】
G:グリコール酸、L:(L)乳酸、DL:(DL)乳酸、D:(D)乳酸
LG-80 (L)乳酸・グリコール酸共重合体、80:(L)乳酸含量 80mol%

2.構造式

構造式

3.特徴・性状

  1. 乳酸・グリコール酸共重合体は、生体内分解性材料として使用される生体適合性材料である。
  2. 直接脱水重縮合で合成するため、原料以外の混入がない。
  3. (L)乳酸、(D)乳酸、(DL)乳酸を使用した組成の異なる共重合体がある。
    (使用目的に応じて平均分子量8000〜100000のポリマーの合成が可能)

4.溶解性

クロロホルム、塩化メチレン、ヘキサフルオロイソプロパノールに溶解。
グリコール酸含量が増加するに従って溶解する溶媒の種類が減少する。

ページトップへ