ホーム > 事業情報 > アグリ事業 肥料 施肥設計例 > 水稲

肥料 施肥設計例

水稲

コシヒカリ施肥設計例

印刷用PDF

地域 西南暖地

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
タキアーゼ・S 60
タキポリン 30
マグホス 40
調節肥 マグホス 40 出穂前45日
 または  
PKカスタム 20
穂肥 コーボしき島9号 15〜20 出穂前18〜15日
コーボしき島9号 15〜20 出穂前10〜7日

※調節肥及び穂肥は、生育及び天候により肥料の選択、施肥量を加減してください。


省力栽培コシヒカリ施肥設計例

印刷用PDF

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
タキコート444D 40 全層又は側条施肥
マグホスコートS 60 全層施肥
穂肥 しき島6号 15 出穂前20〜18日

※穂肥は天候、生育状況により適宜施肥してください。


特別栽培コシヒカリ施肥設計例

印刷用PDF

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
エコロイヤル260 35
マグホスコートS 60
穂肥 エコロイヤル042 15 出穂前20〜18日
エコロイヤル042 15 出穂前13〜10日

※この設計ではトータル窒素7.2(内 有機態窒素3.66)となります。
調節肥として、出穂前45日にマグホスを施す場合は、元肥のマグホスコートSの替わりにマグホス40kg/10a施用してください。
また、穂肥にこだわりをもたれる場合(当社 しき島等を使用する場合)は元肥のエコロイヤルをナチュラリー60Kg/10aに変更してください。


キヌヒカリ・ひとめぼれ施肥設計例

印刷用PDF

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
タキアーゼ・S 60
タキポリン 50
マグホス 40
調節肥 マグホス 40 出穂前45日
または  
PKカスタム 20
穂肥 コーボしき島(九重)9号 20 出穂前20日
コーボしき島(九重)9号 20 出穂前12日

※調節肥及び穂肥は、生育及び天候により肥料の選択、施肥量を加減してください。


省力栽培キヌヒカリ・ひとめぼれ施肥設計例

印刷用PDF

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
タキコート444BE 50 全層又は側条施肥
マグホスコートS 60 全層施肥
穂肥 しき島6号 20 出穂前20〜18日

※穂肥は天候、生育状況により適宜施肥してください。


特別栽培キヌヒカリ・ひとめぼれ施肥設計例

印刷用PDF

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
エコロイヤル260 40
マグホスコートS 60
穂肥 エコロイヤル042 20 出穂前25〜20日
エコロイヤル042 20 出穂前15〜10日

※この設計ではトータル窒素8.8(内 有機態窒素4.48)となります。
調節肥として、出穂前45日にマグホスを施す場合は、元肥のマグホスコートSの替わりにマグホス40kg/10a施用してください。
また、穂肥にこだわりをもたれる場合(当社 しき島等を使用する場合)は元肥のエコロイヤルをナチュラリー70Kg/10aに変更してください。


ヒノヒカリ施肥設計例

印刷用PDF

地域 西南暖地

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
タキアーゼ・S 60
タキポリン 50
マグホス 40
調節肥 マグホス 40 出穂前45日
または  
PKカスタム 20
穂肥 コーボしき島(九重)9号 20 出穂前20日
コーボしき島(九重)9号 20 出穂前12日

※調節肥及び穂肥は、生育及び天候により肥料の選択、施肥量を加減してください。


省力栽培ヒノヒカリ施肥設計例

印刷用PDF

地域 西南暖地

施肥期 肥料名 施肥量Kg/10a 施肥方法
元肥 タキグリーン 100〜200 全層施肥
タキコート444F 50 全層又は側条施肥
マグホスコートS 60 全層施肥
穂肥 しき島(九重)6号 20 出穂前20〜18日

※穂肥は天候、生育状況により適宜施肥してください。

ページトップへ